« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2017.07.28

477 神道、仏教、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の雑感

全く宗教には門外漢な自分ではあるが,神道や他の宗教がどんな行動規範を説いているのか、テロや戦争について、宗教はどう向き合っているのか、について、浅学なりの雑感を述べてみたい.

1.日本固有の神道についての雑感.

季節ごとの自然環境のもとで、農耕や漁師で生きて来た人々は、自然の驚異や自然の恵みに接しながら、そこに,人間を超えた聖なるもの(神)が宿っていると信じた.この聖なるもの(神)は,山,岩、木、滝、海、等、自然の全てに宿るとして,崇拝の対象とした.八百万神の信仰と言われる由縁である.日本独特の信仰である.

この八百万神に、人々は、火山,地震、津波、台風、等が来ない様に祈願したり、あるいは、五穀豊穣,大漁,子孫繁栄の、無病息災、等の感謝と祈願をしたのである.この誰もが抱く「無辺の信仰」には開祖も経典もない事から,神道と言われているのである.

この神道は神と人間が接する場として神社を作り、神話による神をお祀りしたのである.そこで、自然と共に生きている事,自然への感謝や祈願、を神事を通して人々は共有したのである.その意味で、神事は経典の代わりをしていたと言えるのである.この神事を毎年,季節の節目で,繰り返し行う事で、「自然との共存」が大衆の文化として定着して行ったのである.

神社は天皇家においては、宮中三殿や天皇を氏神とする伊勢神宮があり、全国には八幡宮、天満宮、神社,大社、等が土着信仰の拠点として、鎮守の森として建立され,祭りや神事が今日まで行われているのである.

特に伊勢神宮では、690年、持統天皇が降臨神話にもとづいて天皇を神秘化し同時に、20年毎の式年遷宮を決めたのである.式年遷宮は,あたかも神がそこに存在しているが如くの儀式が行われる.多くの神社あるいは家庭の神棚においても,八百万の神を祀り,あたかも神がそこに存在しているかのように、自然への感謝と,五穀豊穣、家内安全,子孫繁栄、無病息災,等を祈願したのである.

「継続は力」と現在では言うが、神道では「自然への恐怖と崇拝」の心が継続させたのだと思う.同時に、神事を繰り返す事で、辞める事は出来なくなると言う伝統の強さも働いていたと思うのである.

この神道の文化は生活様式や言葉にも、多くの影響を与えている.相撲はスポーツ事業の側面はあると思うが、中身は神道文化そのものが現在でも生きているのである.

又、神社には必ず大きな「しめ縄」が飾られているが,これは神話にある岩屋から出た天照大御神を岩屋に戻さない為の「しめ縄」がルーツだが、その後、神様の出入り口、神聖な所の守り,神への感謝や祈願の場所、あるいは、縁起物としての「しめ飾り」が存在しているのである.

家庭や社屋の神棚や玄関に、「しめ縄」を飾るのも、この神道文化によるのである.相撲横綱が腰に巻く横綱も、聖なるものの印なのである.

この「しめ縄」を飾っているお寺もある.明治時代の廃仏毀釈から逃れた,神仏習合時代のお寺である.神仏習合では、仏様を守る位置づけで神社が存在すると考えられていた事から、お寺の本堂の前に、しめ縄があってもおかしくないのである.

この神道は日本独特の自然環境で生まれた日本固有の信仰だが、自然信仰と言う誰もが共有できる宗教臭くない信仰である為、日本では、キリスト教、イスラム教、仏教、等と対立する関係になっていないのである.日本人が宗教に関して寛容である理由かもしれない.

他国の宗教は遊牧民族、あるいは、狩猟民族の行動を規範するバイブルの様な宗教や、仏教のように,精神を支え宗教、が普及しているのだが、その中に、自然への感謝や祈願もあり、神道とは排他的関係にはないと思うのである.

そんなわけで、科学技術が発展した現在ではあるが、皇室の神事や神社や農村や漁村で行われる神事を見るにつけ,「自然との共存」、「自然への感謝、祈願」の神聖なる神事だと感じるのである.勿論、神事に名を借りた都会の商業イベントは別だが.

2.仏教についての雑感.

仏教の根本的思想は「唯諸」である.「唯諸」とは,人間には煩悩と言う不健康で主観的な無情な心があって、これらを浄化し、心のありようを変える事が人間や社会に必要だと説いているのである.

この煩悩は6種類の根本煩悩と19種の髄煩悩があると定めている.この煩悩を空にするとが悟りの境地であり、そうなる為に,座禅、修行で,無分別智(自他を分けない,一つにする)の境地になる事だと説いているのである.

一方、もし,多くの人々が煩悩を浄化させ,空と言う悟りの境地になれなくても,そこに向けて努力を続けていれば、最後は死によって浄化され、地獄に落ちることなく、極楽浄土に行ける、と説いているようにも聞こえるのである.

煩悩本能を浄化しようと言う禁欲的発想は西洋哲学にはないと思う.むしろ、煩悩と言う本能は生きる為に人間に備わっていると考えていると思う.間違いなく狩猟民族的発想である.東洋文化と西洋文化の大きく違う所である.

3.ユダヤ教、キリスト教、イスタム教についての雑感

どちらの宗教も、エルサレムを聖地とする古代のユダヤ教から派生して,キリスト教が誕生し、さらに、その後、イスラム教が誕生した.

ユダヤ教は古代の中近東で始まった唯一神ヤハウを神として、選民思想やメシア(救世主)信仰などを特色としているユダヤ人の民族宗教である.

キリスト教は「人々が侵した罪はイエス・キリストが負う」「懺悔で悔いあらためれば救われる」「すべての死者は聖者になれる」と説いていると理解している.キリスト教の旧約聖書はユダヤ教のタナハと同じ書物である.

イスラム教は神が最後の預言者たるムハンムドを通じて,人々に下したとされるコーランの教えを信じ,唯一神アッラーへの絶対服従を説いている.なお、モーゼやイエスも預言者として認めている

コーラン(聖書)は社会生活のすべてを律する最も重要な行動規範(戒律、法律)として、信徒同士の相互扶助関係や一体感を説いているのである.

このイスラム教には穏健なシーア派(主としてイラン、ペルシャ語圏))と厳格なスンニ派(主としてサウジアラビア、アラビア語圏)の宗派がある.叉、イスラム原理主義者、その中にイスラム過激派の存在もある.これに、イスラム教(スンニ派)のオスマントルコ(現トルコ)があり、この中に、国を持たない多くのクルド人が生活しているのである.

こう見てくると、浅学の理解で言うと,それぞれの事情に応じて、神道は自然への驚異と崇拝を、仏教は心の浄化と秩序の維持を、キリスト教は懺悔と寛容・救済を、イスラム教は民族の行動規範と団結を、説いているように見えるのである.

4.現在も続く中近東の争いの背景についての雑感

ところで、現在も争いが続く中近東は、オスマン帝国やペルシャ帝国時代の比較的安定した時を経て,石油資源を背景とした英仏の植民地化と中近東の分断,アラブ,イラン、イラク、シリア、トルコ、の国内、国家間の争い、イスラエルとアラブの聖地エルサレムの帰属問題、昨今のイスラム過激派の問題、これら中近東問題への米露の介入、が複雑に絡み合って、依然として争いは止まる事を知らないのである.

この争いの中で、イスラム教と直接関係する問題は、聖地エルサレムの帰属問題とイスラム過激派の問題である.イスラム過激派は自分たちの理想をイスラムにより理論化し,そのような社会の実現を図る為に、同時に,西洋文化や中近東への進出に報復する為に、武力の使用を容認した戦闘的な組織である.この組織にはジハート主義(聖戦主義)を掲げるアルカイダ系の組織なども含まれている.なお,95%以上がスンニ派の信徒で占められていると言う.

5.テロ・戦争と宗教の関係についての雑感.

人類が最も悲惨になるテロや戦争と言う人間の最悪の行為に対し、人間の規範を説いている宗教は、これを強く戒める事はないどころか,戦意高揚や死の恐怖を取り除く事に利用されて来た感じがするのである.

そこで、宗教の教えがテロや戦争の抑止につながる事を期待したいのだが,対立する国同士が、この教えを共有していなければ、期待できない事になる.哲学、憲法、核廃絶、等も同じことが言えるのである.

例えば仏教の「唯諸」にある様に、煩悩はテロや戦争に繋がり、人類を破滅に導く、として、煩悩の浄化が必要だとしても、双方がこの教えを共有していなければ,戦争抑止には繋がらないのである.煩悩を浄化しようとする国と煩悩むき出しの国とが対立すれば、極めて危険な状態になるからである.

以上、各宗教がどんな人間の行動規範を説いているのか、テロや戦争と言う最悪の人間の行動に対して、宗教が、どう向き合っているのか、と言う視点で雑感を述べて来た.

テロや戦争の回避については、話し合い,妥協、制裁、あるいは、大量破壊兵器による戦争抑止があるが,残念ながら,今のところ、人類の歴史からテロや戦争がなくなる保証はないのである.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.26

476 政党,マスコミの印象操作に潜む危うさ

印象操作とは、テレビや新聞などのマスコミが良くやる手法である.たとえば,テレビの番組で自分たちが主張したいことに合った映像やデータ,コメントなどを流して,時には、事実を歪曲して、あたかも自分たちの主張が真実であるかのような印象を世間に与えたり、真実と違う印象を与えたりする事である.

プロパガンダと言う言葉がある.「特定の思想・世論・意識・行動へ誘導」を言うのだが、映画、新聞、ラジオ、テレビ、等のメデアを使って、印象操作より、大々的に、大規模で行われるイメージがあるが,意図的,主観的、偏向的、に行われると言う意味では,印象操作と本質的には同じだと思う.

企業や商品にも、好印象を与える為に、印象操作が行われている.米国は消費者保護の為にステルスマーケテング(金品をもらっている事を伏せて、依頼側の指示で個人的感想を述べる事、いわゆるヤラセ)を違法としているが、日本では、商品のみならず、政治問題についても、ステルスマーケテング手法で印象操作が行われていると思うのである.

この印象操作は政治においては,政府を攻撃する手段として行われる事が多いと思う.勿論、与党、政府が真実や不具合を隠す為に、あるいは,政策を支持してもらう為に、印象操作をする事もあると思う.

この印象操作は.言論、報道の自由、及び、テレビの放送法(公平・公正の義務)の形骸化の中で、重要法案や政党間のバトルが激しくなる程、印象操作が過熱し、世論の誘導合戦が繰り広げられるのである.下手をすると、政策論争ではなく、印象操作の長けている方が勝つ事になりかねないのである.

一方,国内外に対し、国家主導で、プロパガンダを目的とした情報戦を積極的に進めている国もある.ナショナリズムを煽って国内を統率したり、国際世論を自国有利に誘導する為である.

このように、印象操作はあらゆる場面で行われているである.政治に取っての印象操作は「民主主義制度の重要な手法」であるが,「世論を一気に動かす力と危うさ」を秘めているのである.

もし、この印象操作で世論が動けば、事実が闇に葬られたり、政策の議論が頓挫したり、最悪は、アジテートや印象操作はうまいが、政治の能力も,政策もない政治家や政権が生まれたり、いろいろな、重大な弊害が起こり得るのである.

この印象操作の危うさ、無責任さを、知ってか、知らずか、昨今のマスコミ報道は,軽々しく、印象操作(世論誘導)をしているように感じるのである.列記してみたい.

①客観報道を装って,主義主張による偏向報道をする.
②政府案に勝手なレッテルを貼って反対する.
③対案もなく、ことさら問題だけ言って反対する.
④未確定の事に、断定的な枕詞を付けて報道する.
⑤攻撃に都合の良い報道を何回も、何日も、テレヒで流す.
⑥攻撃に都合の悪い報道は流さない.
⑦自分の意見を世間の人の代弁者のように言う
⑧両論併記(紹介)せず、一方的な主張、感想を述べる.
 

①の卑近なケースは何といっても、朝日新聞の慰安婦報道である.報道訂正まで、32年間、「慰安婦強制連行プロパガンダ」を発信し続けたのである.そして、この間違った報道で、日本、韓国や世界の世論を誘導したのである.

④の未確定な事に断定的な枕詞を付けて報道するケースは多くある.たとえ大幅値引きで国有地を払い下げ問題とか加計ありきで進めた獣医学部新設問題とか政府の隠蔽体質の問題とか説明責任を果たしていない問題とか、行政の文書は信憑性があるとか、疑惑が深まったとか、等々、印象操作の意図を感じるのである.

見てすぐわかる印象報道もある.自民党女性議員が秘書を罵倒した録音を何回もテレビで報道していたが、明らかに、打倒安倍政権を徹底的に展開しているテレビ局ほど,ここぞとばかりに、何回も、何日も、この録音をテレビで流していたのである.

政治家の失言、不祥事、も同じ扱いを受ける.露骨に、これをやられると,印象操作を狙っていると感じるのである.

ところで、米国の場合、メデアの記事や論評が、小さな政府思考の保守(共和党系)と大きな政府思考のリベラル系(民主党系)に分かれており、国民は,メデアの報道スタンスを承知しているのである.

日本の場合、新聞社は政治思想で新聞を作り、その配下にある民間テレビ局は,これを流す、と言う構図があって、左系は政権打倒、右系は政権維持、の方向で、記事や論評が発信されているのである.

あえて日米の違いを言えば、上述のように、米国では、憲法や安全保障政策や資本主義経済体制を共有した上で、大きな政府、小さな政府と言う政治理念が分かれており、それぞれの視点で報道や論評が行われている事を国民は承知しているのである.

一方、日本では、次の特徴がある.右翼系、左翼系、と政治思想に隔たりが大きく、政治理念を共有している部分がない対立である事、憲法から安全保障、経済政策に至って、いつも「入り口論」に議論が終始する事、打倒政権運動の一貫であらゆることに印象報道がある事、報道においても、自らの政治理念を公言する事はなく,客観報道を装って主観報道や印象操作が行われる事、等である.

こんな事になるのは、残念ながら、国民において、国家像や国家の向かう方向が、いまだに定まっていない、じっくり議論していない、事が根本にあるように思う.

又,各新聞社が行う世論調査も、新聞社によって結果が違う.都合の良い結果が出るようにアンケートをしているからである.その意味で、各新聞社の世論調査結果発表も、大事な印象操作だとも言えるのである.

一方、印象操作の頻度に比例して、ネットでの批判、反論が多くなっているように感じる.事実、ネットで世論調査をしている人たちの発表によると,安倍政権支持率が50%を超えていると言うのである.

信憑性は判断できないが、その内、新聞社の意図的な世論調査より、ネット内のビッグデータを使った世論調査が主流になるかも知れない.試してみる価値がありそうである.

そんなわけで、自分としては、印象操作に左右されることなく、何が重要かを判断したいと思っているのである.国会論議も、そうあって欲しいと願っているのである.印象操作による点取り合戦は場外リンクで行って欲しいものである.

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.04

475 都民ファースト都議選圧勝の要因

2017年7月2日の東京都都議会選挙は、かつて,大阪府議会、市議会、の選挙で、自民党、民主党が激減し、地域新党・大阪維新の会が躍進し、第一党の勢力を占めたのだが、今度は東京で同じことが起こったのである.

今回の都議会選挙による勢力図が下記の通りだが、自民党議員の激減、地域新党・都民ファーストの会が躍進し、第一党の勢力を占めたのである.
(図をクリックすると拡大) Photo

この結果に対して国政における自民党の失点自民党に代わる受け皿が無かったから都民ファーストが大勝したとの論評が多い全く都民ファーストに失礼.だと思う.都民ファーストの政治姿勢や政策これまでの自民党都議会議員の失政があったから都民ファーストが大勝したとの視点で,その要因を述べたい. 

①都民ファーストは既成政党ではできない政策を訴えて勝利

1年前の都知事選では、組織票の無い中で、小池氏は「東京大改革」を掲げ、多くの都民の支持を得て,ぶっちぎりの勝利を得たのである.

今回の都議会選挙でも、この取り組みの延長線で「古い議会から新しい議会へ」と組織票がないならではのキャッチコピーを掲げ、旧態依然のこれまでの都議会を変えたいと訴えたのである.

特に、オリンピック問題や豊洲市場問題、に関する自民党都議会の失政に対して、このキャッチコピーは見事に都民の心をつかんだと思う.自民党都議会幹部(幹事長、政調会長、議長)が軒並み落選したことでも,明らかである.

更に自民党の凋落に輪をかけてしまったのが、オリンピック問題、豊洲問題に対する小池都知事への攻撃である.「決められない小池都知事」とキャンペーンを張り,小池都知事を攻撃したのである.これらの問題は、これまでの自民党を第一党とする都議会の責任が大きいのだが、その反省もなく、尻ぬぐいに必死の小池都知事に責任を転嫁しようとする的外れの自民党に更なる逆風が吹き荒れたと思うのである.

一方、都民ファーストの新人立候補者は自民党批判は一切せず、身近な所の問題を掲げながら、新しい議会を担う意気込みで、選挙に臨んでいたと思う.これも又、都民ファーストの方針、政策と連動した見事な選挙活動であったと思うのである.たとえ小池人気があったとしても、組織票の無い50人の立候補者のうち、49人の当選者を出した事でも、この事は明らかである.

大阪府議会選挙,市議会選挙でも,地域政党の維新の会が第一党を得たが(選挙制度から単独過半数を得る事は不可)、ここでも、これまでの大阪の既成政党の失政を鋭くとらえて,解決策として、自民党では考えられない、大阪都構想を主張したのである.

大阪の地域政党・維新の会も東京地域政党・都民ファーストも、まさに、既成政党の、これまでの失政を踏まえて、既成政党では考えられない政策を訴えて大勝したのである.この地域政党の躍進は全国の地方議会にも起こり得る現象だと思うのである.

②他党を圧倒した都民ファーストの選挙戦術

都民ファーストは1年前の都知事選でもそうだったが、都議選でも、既成政党を圧倒する選挙活動を展開した.小池都知事のキャリアの中で培割れた選挙のうまさがいかんなく発揮された感じである.過去の小池氏の成功経験が大いに役立っていると思う.

・日本新党のゼロからの立ち上げ経験
・新進党小沢氏のどぶ板選挙(住民との会話と握手)
・自民党小泉氏のワンフレーズポリテックス、劇場型選挙(守旧派攻撃)、落下傘攻撃

・東京大改革、都民ファースト、古い議会から新しい議会へ、と言うキャッチコピー
・都民の要求を軸にした選挙公約作り
・選挙区の特徴、競合相手、定数に応じた,立候補者の選定
・公明党との選挙協力,他党党員の取り込み

を実行したのである.

これに比して国政政党は都議選の場を利用して国政選挙の前哨戦のような国政バトルを繰り返していた.国政野党は自民党スキャンダルを材料に、憲法改正を阻止する為の反安倍運動を展開した.

都民ファーストだけは都議会選挙に徹した戦いをしていた様に思う.上記①の政策と、②の巧みな選挙戦術が都民ファーストを圧勝に導いたのである.

③自民党大敗にもかかわらず都議会の受け皿になれない国政野党の凋落

今回の都議選は政策や都議を選ぶと言うより、国政自民党の失態に反自民の野党やマスコミ、有識者が、ここぞとばかりに自民党審判の場にしたのである.その結果、都民ファーストの大勝利、自民党の大敗になったのだが,この結果に喜んだのは、公明党、民進党、共産党である.

都議会の勢力が伸びていないにも関わらず、国政で自民党に攻勢をかけられると喜んでいるのである.国政の受け皿になれない事に加えて,都議会でも受け皿にもなれない事に気が付いていない感じである.それでも喜んでいる野党は万年野党病にかかっているのかも知れない.

こんな国政政党をしり目に、都民ファーストは漁夫の利を得たと言う人がいるが、失礼千万だと思う.上述のように、都民ファーストは都知事選の「東京大改革」、都議選の「古い議会から新しい議会へ」と一貫した方針のもと、都民の要求する課題に対する公約をで掲げて来たのである.その結果が、自民党はもとより、国政野党をも退けたのだと思う.漁夫の利ではなく,戦って,既成政党を退け,凋落に追い込んだと思うのである.

さて大敗した自民党への提案を記しておきたい..

今後の自民党だが、国政対策と地方選挙対策がある.国政対策としては、当面の勢力を使いながら、しっかり、外交問題や憲法改正問題、等の重要な政治課題に取り組む事だと思う.但し、自民党自身のリスクマネージメント、ダメージコントロールを徹底する必要がある.

「世間の常識や感覚の欠如」、「負けず嫌いからくる反応」には要注意である.「口は災いのもと」を標語に掲げ,口喧嘩やデベートの訓練をしたらどうだろうか.政治家の必須の能力だからである.

次の国政選挙対策だが、保守第二党の誕生が起こるかどうかである.二大政党を望む観点からすれば、作るべきだと思うが、その気配が無ければ、政権の事など気にせず、しっかり政治をする事である.

次に考えるべき問題は地方組織の在り方である.前回の都知事選挙もそうだったが、都知事候補を決めるだけでも混乱しているのである.選挙がある事ははっきりしているのだから、数年前から準備して当然だが、これさえ出来ていないのである.

現在,各地域の自民党議連は国会議員を筆頭に地域の議員で構成されているが、外から見ると,自民党や国会議員を支える組織票固めの下部組織にしか見えないのである.

大阪の自民党府議会もそうだったが、これでは、100%、地域の事を考える地域政党の政策には勝てないのである.住民からすると,国政の事しか頭にない本部や国会議員が地域の選挙応援にきても、旧態依然の違和感を感じるだけである.それ程、政治が身近になっているのである.

地方議員選挙における国会議員の興味は自党の支持率である.候補者の当落や政策の評価ではなく、自党の得票数である.国会議員に取っては,地方選挙は次の国政選挙の前哨戦でしかないのである.又,地元議員にとっても、政党本部や国会議員の応援を得て,本部との連携を言いたがるのである.此れでは地域政党に勝てないのである.

そこで、自民党として,本当に地方議員を拡充し,地域の支持率を拡大しようとするなら、地元自民党議員だけの地域政党を立ち上げ地域政治に取り組ませるべきだと思うのである.

全国企業の支店が地域で商売するより、地域会社に商売させる方が提案力も上がり、地元も受け入れやすいからである.地方の商売に大企業の支店長が社長や専務を連れて来て,会社挙げて取り組むと言うより,地域会社の社長が的確な提案をもって訴える方が、地元の好感が得られるのである.

この様に従来のまま問題意識もなく、相変わらず、国会議員を選挙カーに乗せる事が選挙戦術だと思っている様では、今回のように、地域政党に足元をすくわれるのである.

国政政党の選挙カーにベテランの党本部や都議会の幹部、引退したドンと言われてきた人物、が乗っている姿を見ると、小池氏の「古い議会から新しい議会へ」と言う主張の中の「古い議会側のおっさん」に見えたのである.小池氏のワンフレーズポッリテックスの威力である.

この「古い議会から新しい議会へ」と言うワンフレーズポリテックスは東京都議会のこれまでの実態を的確にとらえた、新興勢力の見事なキャッチコピーだったと思う.孫氏の兵法「戦わずして勝つ」を見事に実践したと思うのである.

いくら安倍総裁が「古い、新しいが問題ではなく、決断力、実行力が大事だ」と正論を言っても、一年前の都知事選でも問題になったが,これまでの都議会が決断力、実行力が疑われているのだから,自民党としては「天に唾」になり、小池氏の応援になっても、小池氏のキャッチコピーの反論にはならないのである..

以上、自民、安倍政権への逆風が無くても,地域政党である都民ファーストの会が圧勝したと思う.この事はすでに大阪の府・市で、第1党が自民党から維新の会に変わっているように、東京でも同じ現象が起こったと見えるからである.

共通している事は、地方政治における既成政党の賞味期限切れである.このように自覚している既成政党はないようだが,いづれ国政においても、起こる現象だと思う.既成政党は地方政治と国政に、どう対応していくか,大きく見直す時期に来ていると思うのである.

 

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年9月 »